Blogブログ

2022.06.14

「樹脂粘土で作る多肉植物づくり」クルールイベントを開催しました

こんにちは!
結城建設の広報担当、みほです!

本日は赤穂モデルハウスで、久しぶりにクルールイベントを開催することができました。
今までもクルールさんの情報誌にイベントで掲載させていただいていても、新型コロナウイルス感染症の蔓延で泣く泣くキャンセルしなければならず、講師の先生、ご参加を希望されている方、そしてクルール編集局のスタッフさんに大変ご迷惑をおかけしました。

今回は「樹脂粘土で作る多肉植物づくり」

講師の先生は、樹脂粘土オリジナル作品を製作販売されている「みっくす★べりー」の安藤美由紀先生です。
インスタグラムもされていますので、ぜひご覧ください。

みっくす★べりーのInstagramはこちら

では、樹脂粘土で多肉植物を作っていきます。

本来は色のついていない樹脂粘土に絵の具を混ぜていく作業が必要なのですが、今回は安藤先生がご自宅で色のついた樹脂粘土を準備してくださいました。
混ぜる絵の具の量で色が違ってくるので、二度と同じ色ができないとのことでした。

安藤先生の説明を聞いて樹脂粘土を丸めて多肉植物を作っていきます。

手の平で丸くしてから雫の形に整えていきます。
 

雫の形ができたら爪楊枝にボンドで付けて形を整えていきます。
 

ぷっくりとしてとてもカワイイ多肉植物ができました✨

グリーンネックレスや、他の多肉植物も作っていきます。
 

 

 
とてもとても細かい作業です。

「うまくできないー!」「難しい!!」と言いながらも、皆さんとても器用で次々とカワイイ多肉植物が完成していきました😍

次は多肉植物にほんのり色をつけていきます。
 


葉っぱの先に色が付くと、ますます本物らしくなってきます。

多肉植物に着色できたら、容器に入ったオアシスにボンドをつけ、モスを小さくちぎったものを貼り付けていきます。

モスを付け終わったらいよいよ多肉を飾っていきます。
多肉植物がまだ柔らかいので、形を崩さないようにピンセットで慎重に飾っていきます。
どこに何を飾ろうか、大きさや色合いを見ながらとても悩まれていました。
 

 

安藤先生が作って来てくださった、てるてる坊主とカタツムリもカワイイ😍

完成です✨
並べてみんなで写真撮影タイム!

とてもカワイイ多肉植物が完成しました😍
参加してくださった方もとても喜ばれて、大切に持って帰られました。
私も作ってみたいなぁ!

本日もお忙しい中、ご参加いただきありがとうございました。
講師の安藤先生、クルール編集室のスタッフさん、お世話になりました。

次回の赤穂モデルハウスでのクルールイベントも開催できるように願っています!

ブログ一覧へ