Blogブログ

2022.06.07

住みたい部屋のイメージによって変わってくる内装の紹介

こんにちは!
はとちゃんです🕊

前回、前々回と外観のおしゃれな家をご紹介してきました。
今回は色んな内装のご紹介をしていきます。
外観と同じようにイメージによって内装も変わってきます。

北欧風
北欧スタイルとは、スウェーデン、ノルウェー、フィンランド、デンマークなど、北欧で多く見られるインテリアスタイルのことです。

 
 
栗の床材を採用し、キッチン背面の壁紙とペンダントライトがアクセントになり、可愛いイメージになっています。
 

こちらのお家の床材はカバを採用、キッチン背面壁紙のアクセントと、ペンダントライト、ダイニング側ニッチのタイルが可愛らしい印象になっています。
 

トイレも薄い木目の色合いがベースなので、アクセントの壁紙が引き立っています。
 

シンプルモダン
シンプルモダンとは、装飾を抑えた(シンプル)現代的(モダン)な雰囲気のインテリアスタイルのこと。

 
 
全体的にモノトーンで統一されスッキリとした印象になっています。
家具もモノトーンで統一されています。
 

ナチュラルテイスト
ナチュラルテイストとは天然素材を使って雰囲気をつくることです。シンプルでありながら、可愛らしく、落ち着いた感じになります。

 

オーク色の床材、キッチンの下がり天井と家具の木目を合わせています。カーテンやキッチン背面壁紙にアースカラーを入れているので、まとまった印象になっています。
 

アンティーク風
アンティークとは、フランス語で骨董品、古美術品のことです。100年以上前の家具や道具類、空間雑貨、衣類などのうち、機能的な価値よりも美術品としての価値を認められるモノをさします。「アンティーク家具」「アンティーク雑貨」などといいます。また、「アンティーク調」「アンティーク風」とは、実際には新しいが、古い年代物に見せたモノをいいます。

 
 
アンティーク調の家具や照明、小物などがアクセントになり、お客様の好きが詰まった内装になりました。
 

カフェ風
カフェ風とは本来隠して収納できる食器を見せながら飾るなど、あえて生活感を演出することがポイントになります。飾る小物も家具と同様にナチュラルかつ風合いの強い素材を取り入れるとよいでしょう。

 
 
ダークトーンの床や扉にあわせて、照明や棚の受け金具をアイアン調で統一。
レザー調のソファーとの相性も抜群!
 

北欧スタイルにカフェスタイルをミックス。
グリーンやカップ、小物などがセンス良く飾られています。

 
今回は内装をご紹介しました。
住みたいお家のイメージによって内装も変わってきますね。
少しでも参考にしていただけると嬉しいです。

ではでは、また次回のブログまでバイバイ(@^^)/~~~

🔻 他の施工事例はこちら 🔻

施工事例

 

ブログ一覧へ