Blogブログ

2022.06.04

階段の位置って結構重要!?リビング階段か否か悩む…

こんにちは!
毎日韓国ドラマ一気見で寝不足のねえさんです( *´艸`)

みほさんの「階段下スペースの有効な利用方法」のブログはご覧いただけましたか?

階段の位置によって収納の取り方も変わります。
活用方法が変わってきますよね!

【まだご覧いただいてないかたはこちら】

では、引き続きその「階段」について少しお話したいと思います😉

 

新築の間取りを考える際に「階段の位置」って結構重要です。

玄関から直接2階へ上がる階段にするか…

 

リビングを通って2階に上がるリビング階段にするか…

 
 
ご夫婦でも意見が分かれる部分でもあります。

では、リビング階段のメリットデメリットって何でしょう?

まずはリビング階段にするメリットを考えてみましょう。

リビング階段のメリット

家族の帰宅・外出が把握出来やすい

玄関から個室までの間に、必ずリビングを通るので、帰宅時や外出時に家族と顔を合わせやすく、家族の行動を把握しやすくなります。

 
お子さまの交友関係もわかりやすいですね。
 

 

家族間のコミュニケーションが増える

家族の顔を合わす機会が増えるので、「いってらっしゃい」「いってきます」「ただいま」「おかえり」と声を掛け合うので、それをきっかけにコミュニケーションが生まれます。

 
お子さまの友達とも「こんにちは」「いらっしゃい」「お邪魔しました」「気を付けて帰ってね」と挨拶を交わすことで、パパやママもお友達になれるかも!小さいうちから挨拶の習慣も出来ていいですね👨‍👩‍👧‍👦
 

 

リビングの空間アクセントに

スケルトン階段などを採用すると、リビング空間をおしゃれに演出するインテリア効果もあります。

 
※スケルトン階段…踏板と骨組みのみで作られている階段。段と段の間に板がなく「ストリップ階段」「オープン階段」とも呼ばれる場合もあります。
 

まさに、リビング階段はコミュニケーションのための階段といっても過言ではないかも✨

階段・廊下の施工例はこちら
 

次にデメリットも考えてみましょう。

リビング階段のデメリット

冷暖房効率が悪い?

心配なのがこれですよね。確かにリビング階段は独立階段より冷暖房効率が悪くなる面もあります。

 
しかし、それも断熱性能や生活の仕方によるのではと考えます。

暖かい空気は上にのぼっていく性質があるので、冬場はホットカーペットを使用したりして、足元を温める工夫をしましょう。

また、シーリングファンを取り付け、室内の空気を循環させることができるので、夏場は下に溜まる冷気を上に循環させ、冬場は暖かい空気を下に循環させると効果的!シーリングファンはデザインもおしゃれなので、インテリアのアクセントにもなりますね✨


 

音や匂いが伝わりやすい?

「1階でのテレビの音や話し声が2階に聞こえやすい」「お料理の匂いが伝わりやすい」とも言われています。

 
この場合は、リビングと階段の間に廊下を設けるなどして、ドアで仕切れるようにすると緩和出来そうです!

こちらは、「冷暖房効率が悪い?」の解消にも役立ちます。

階段からホコリが落ちてくる?

階段にたまったホコリが上がり降りする度に舞ってリビングに落ちてくることがあります。スケルトン階段の場合は、階段の真下にもホコリが落ちます。

 
普段からお掃除が苦で無い方であれば大丈夫ですね!


 

くつろげない?・常に綺麗な状態に?

お子さまの友達が遊びに来る度にリビングを通ることになるので、くつろげず、また常に片付けをしておかなければいけません。

 
こちらも、普段から整理整頓名人お掃除好きの方であれば大丈夫!

また、階段の位置をリビングを横切らない動線で、さらにリビングドア近くに設計してもらうといいかもしれませんね😉


 
いかがですか?
メリット・デメリットを踏まえて、みなさんの暮らしに合う階段の形をご検討いただければ幸いです。
リビング階段を取り入れたい理由や目的を明確にすることで、上手な取り入れ方を提案してもらいやすくなります。
その際には、現在だけでなく、10年後、15年後のお子さまが成長したときのことも考えてみてくださいね。

 

最後に、結城建設のInstagramで階段特集やたくさんのリール動画もアップされています💕

ぜひご参考に!

 

ブログ一覧へ