Blogブログ

2021.12.05

解放感と安心感の両立!プライベートテラスがある家

こんにちは!徳ちゃんです
今回のブログは、先日YouTube撮影させていただいた、Y様邸のご紹介をさせていただきます!

こちらの「開放感と安心感が両立したプライベートテラスがある家」のみどころはもちろんプライベートテラスになります。
また、Y様から支給いただいた素材でお作りした造作の洗面台は、奥さまのセンスが光っており見ごたえのあるものとなっております。それではご紹介していきます!

外観は今人気のフラットな外壁材と木目調のオシャレな組み合わせ!

外壁材のメインは、KMEWさんの凹凸のないフラットでシンプルなサイディング【新フラット16】のグレーチタンベージュになります。こちら最近人気だそうです。


玄関面の1面のみには、同じくKMEWさんのアーバンシダーを縦張りで貼りました。玄関面を縦張りにすることで高さを感じることができます。

このグレーっぽい、ベージュっぽい色がオシャレだと思いませんか?

玄関にはお気に入りのムーミンのタペストリーを

玄関を開けると、まず一番に目に入るのがムーミンのタペストリーです。こちらは打ち合わせの当初から、玄関に飾りたい、お気に入りのものがあるとお伺いしておりました。
お気に入りのものを飾るスペースがあるとテンションがあがりますよね!

20帖+3帖さらに+6帖で広々と感じるLDK!

リビングの広さは約20帖、そこに3帖の小上がりの和室を設けています。小上がりの高さは37cm。こちらは立ったり座ったりがしやすい高さといわれています。一般的なダイニングテーブルの椅子もこのぐらいの高さになっています。

そして…外から見えていた壁の正体は、6帖のプライベートテラスになります!


太陽光を充分に取り込むことができ開放感を感じらるうえに、高い壁を設けたことにより、周囲への騒音の配慮や周囲からの視線を軽減でき安心感もあります。
リビングの延長として、バーベキューをしてみたり、プール遊びしてみたり、柔軟な使い方ができるプライベートな空間となりました。

※こちらは2階からみたプライベートテラス

キッチンのカップボードはリビングからの見え方を意識しました

今回のキッチンは、TOTOさんのミッテを採用しています。また、一般的にはキッチン本体と背面収納のメーカーさんを合わせる方が多いのですが、リビングから見た際の印象にこだわり、クリナップさんのステディアを採用することになりました。

ツリーのオブジェを飾ってある棚板は、高さ・寸法をしっかりと測り、Y様のイメージにあったブラケットで取り付けした造作の棚となっています。

全てYさまの支給品!センスが光る造作洗面台


洗面室は、天板・ボウル・タイル等、ほぼすべて奥様がご用意した支給品を使用して造作させていただきました。
先ほどのキッチンのカップボードもそうですが、ブル-グレー×ベージュ×ブラックの組み合わせであわせることで、水回りのカラーがまとまっています。

室内物干しのスペースとファミリークロゼットを併設


階段をのぼった2帖のフリースペースには、室内物干しができるようワイヤーを取り付けました。そしてその奥が3帖のファミリークローゼットになります。併設することで、乾いた洗濯物をすぐにしまうことができます。

 

「開放感と安心感が両立したプライベートテラスがある家」のご紹介は以上です。
YouTube動画では、子ども部屋や主寝室なども紹介しています!是非、ご覧いただいて【チャンネル登録】【いいね】をよろしくお願いします!

 

ブログ一覧へ