Blogブログ

2022.06.10

人気の北欧風スタイルについてご紹介します♪

こんにちは、結城建設のゆいです(. ❛ ᴗ ❛.)

前回のはとちゃんのブログ「住みたい部屋のイメージによって変わってくる内装の紹介」をみなさん読んでいただけましたでしょうか❓
インテリア好きな私としてはとても興味をそそる内容でした✨
まだ読まれてない方はぜひ読んでみて下さい🎵

そして好きだからこその探求心(笑)
はとちゃんのブログに出てきた北欧風ってよく聞くし、よく見るけど結局どんなの❓となったのでちょっと調べてみました( ..)φ

北欧風スタイルとは
北欧地方で愛されるインテリアスタイルのことです。
北欧地方と言われるのはフィンランドデンマークノルウェースウェーデンの4ヶ国を指します。
北欧地方は寒さの厳しい冬の期間がとでも長く、一日の日照時間も短いので、外で過ごすより家の中で過ごす時間が長い傾向にあります。
そのため長時間でも居心地よく快適に過ごせるような空間づくりにこだわっているそうです。
木材やファブリックにこだわり、室内にいても自然を感じられ、リラックスした気分になれるのが北欧スタイルの魅力といえるようです。
お家時間の増えた今こそぴったりなスタイルかもしれないですね👍

北欧スタイルについてわかったところで今度は北欧スタイルを楽しむためのポイントをご紹介します🎵

北欧スタイルは シンプル&ナチュラルだけど温かみのある空間 をテーマにつくっていきます。

Point1.  | ナチュラルカラーをベースにアクセントに差し色をプラスする。

ベースの配色にはナチュラルやブラウン、ホワイトグレーなどがおすすめです✨
床や壁などの面積の広い部分にベースのナチュラルカラーを選ぶとまとまりやすいです。
アクセントカラーにつかう色次第で雰囲気は変わってきます。

ナチュラル×イエロー

ナチュラル×グリーン

モノトーン×ブルー

 

Point2. 素材 | 無垢材、木製などナチュラルなものを使用する。

金属などの無機質なものではなく木材等のの温かみのあるものがおすすめです✨
木材の経年変化も楽しみます。

 

Point3. 家具・インテリア | 木製、ファブリック製などの家具を選ぶとよいです。

北欧風は脚付きがおすすめです✨
これは寒い地方ならではで、床暖房や暖房器具によって家具が傷まないようにするためだそうです。
曲線的なデザインのものもおすすめです✨
曲線的なデザインの椅子などは挑戦しやすくアクセントにもなりますね🎵
インテリアのアクセントには北欧柄のファブリックなどを取り入れてもいいかもしれません。
クッションやファブリックパネルなどは簡単に取り入れられ、気分によっても替えることが出来ていいですよね。
変わってカーテンなどの面積の大きなものは選ぶもの次第でお部屋の印象がガラッと変わります。

 

Point4. 照明 | やわらかな光の照明「明る過ぎず暗過ぎず」でリラックスできる空間へ。

蛍光灯などの光に比べると暗く感じる場合もあるため、複数使いが一般的です。
ペンダントライトとスタンドライトなどと併用して使ったり、状況によって使い分けたりすることが出来ます。

 

プラスα 植物 | 植物が室内でもリラックスできる空間づくりのアクセントになります。

植物のグリーンもアクセントカラーとして映えること間違いなし☝
お手入れやお世話がしやすい植物もたくさんあるみたいなのでまずはその辺りから始めてみるのもいいかもしれませんね✨
もちろん切り花などでもオシャレなインテリアになりますよ。

 

今回は素敵なオーナー様のお家の写真を交えながら北欧風スタイルについてご紹介させて頂きました(*^^*)

結城建設のInstagramでは北欧風スタイルだけではなくその他にもステキな施工例をたくさん紹介させていただいています✨
ぜひ、お家づくりの参考に覗いてみて下さい。

 ←いいね!やフォローはとって嬉しいです🎵

HPには詳しい概要なども掲載していますのでこちらもぜひ覗いてみて下さい。

施工例はこちらから
 

ブログ一覧へ