Blogブログ

2024.05.29

照明の種類と特徴を知って照明計画を立てよう!

こんにちは、ほのちゃんです。
みなさま、お元気ですか❓
急に暑くなってきたため、体調に気をつけてお過ごし下さい😊

今回は、照明についてまとめてみました。
照明の光の照らし方は、直接照明と間接照明、大きく分けて2種類あります。

それぞれの特長を知ることで、お部屋に適した照明を選ぶことができます。
 

直接照明の特長

光を直接、対象物、作業部分等や、部屋の内部に当てる照明です。
キッチン、子供部屋、書斎等、お料理をしたり、読書をしたりする部屋の照明に適しています。

直接照明には次のようなものがあります。

  • シーリングライト:天井に直接設置する照明
  • ペンダントライト:コードやチェーン等で吊るす照明

 
シーリングライト
 
 
ペンダントライト
 

 

メリット

効率的、経済的に照らすことができる
直接照らすため、空間全体を明るく照らすことができます。

種類が多い
機能(調光やリモコン等)やデザインなど、幅広い製品があります。
和室や洋室、  部屋の雰囲気に合わせて照明器具を選ぶことができます。
 

デメリット

陰影ができやすい
直接明るい部屋で照らすため、室内の明るさが不均等になりやすく、天井が暗くなります。

光が目に入りやすい
明るく、光源が直接見えることもあり、目がまぶしさを感じたり疲れやすくなったりすることもあります。
 

間接照明の特長

壁や床、天井などへ光を照らすことで、反射した光が間接的に空間全体を照らす照明です。
寝室、ゲストルームやリビング等、リラックスするためのお部屋の照明に適しています。

間接照明には次のようなものがあります。

  • フットライト:夜間等に足元を照らす照明
  • ブラケット:壁面に取り付ける照明

 
フットライト

 
ブラケット
 

 

メリット

安心感のある空間へ
直接照明の光が照らさないことで、まぶしさが抑えられ、目が疲れにくい落ち着いた空間になります。

奥行きのある、広々とした空間
部屋全体を柔らかい光で照らすことで、明るさのグラデーションが生まれます。
壁や天井の境界線を曖昧にし、奥行きのある空間にします。

おしゃれな空間になる
照明器具を隠すことで生活感が見えず、シンプルでおしゃれな雰囲気になります。
また、装飾性のあるデザインの照明器具が多くあり、インテリアとしても部屋を彩ってくれます。
 

デメリット

明るさの確保が難しい
空間を間接的に照らすため、手元や部屋全体を明るく照らすことが難しいです。
そのため、勉強やキッチン等作業する部屋の場合は直接照明との併用がおすすめです。

設置場所によっては掃除や照明の交換がしにくい
照明器具が見えないように設置すると掃除や照明の交換がしにくい場合があります。

直接照明より費用が多くかかる場合が多い
電気工事が必要になることが多いです。
また、明るさを確保するため、天井や壁に細工をして照明器具を隠したり、直接照明と併用したりと照明・施工費がかかります。

 

1灯1室照明と多灯分散照明

1灯1室照明

1灯1室照明とは、1つの部屋に1つの照明器具を設置する照明方式で、通常は部屋の中央に照明を設置します。

メリット

・照明1つで部屋が均等に明るくなる。
・照明の設置場所を決めやすい。
 

デメリット

・1つの照明で必要な明るさを確保しなければならない。
・必要のない場所も照らすことになる。
・ライフスタイルの多様化に対応できない。

 

多灯分散照明

多灯分散照明とは、ダウンライトやペンダントライト、スタンドなどの照明器具を室内に分散させて配置する方式です。

メリット

・必要な場所のみ照明をつけることで省エネになる。
・生活に合わせて明かりをつけられる。
・設置する照明の組み合わせ、明るさ等で部屋の変化が生まれオシャレな雰囲気になる。
 

デメリット

・設置計画が難しく、明るさが足りない可能性がある。
・掃除箇所が増える。
・照明器具やスイッチの箇所が増えるのでコストがかかる。
・使用方法によっては電気代が増加する可能性がある。

 

直接照明としても間接照明としても使用できる照明

次の照明は直接照明としてでも、間接照明としてでも使用できます。                                     

ダウンライト

天井に埋め込む照明
 
 

シャンデリア

天井から吊る装飾性の高い照明(多灯式)
 
 

スポットライト

一カ所を強く照らす照明
 
 

ラインライト

ライン上に照らす照明
 
 

スタンドライト

移動可能な置き型の照明

 

⭐直接照明と間接照明を併用することで作業する部屋も明るく、おしゃれな空間にすることができます!

・暗い天井も明るく、広く奥行きのある部屋に
・全体的な暗さが明るく作業しやすい空間へ
・照明の数を減せるので電気代等の削減
・見せたいモノや場所を直接照らしてメリハリのある空間に

 

今回は、照明の方式によるメリット、デメリットをまとめてみました。
照明の方法が違うだけで部屋の雰囲気がガラリと変わります❗
これから照明を決められる方や、お部屋の雰囲気を変えてみたいと思われている方の参考になれば嬉しいです。
以上、ほのちゃんでした😊

 

\ インスタグラムは毎日更新中❗/


 

\ ルームツアー動画・結城建設のこだわりを公開しています❗/


 

ブログ一覧へ

結城建設の施工事例

水回りを一直線に!家事動線にこだわったお家

30代のご夫婦が選んだ大人な平屋

生活スタイルの変化を想定した可変性のあるお家

開放感と安心感の両立!プライベートテラスがある家