Blogブログ

2020.11.03

ZEH住宅のメリットは6つもあります!

こんにちは、おにこです。
今日は「ZEH住宅」のお話をしようと思います。

というのも…

この度、結城建設はZEHビルダー評価制度において、結城建設は 最高レベル の

5つ星(★★★★★) 

認定をいただきました!

 

ZEHビルダー評価制度とは、省エネルギー性能が高い家づくりに対して、どれだけ実績があり注力をしているかを評価する制度になります。

2020年10月30日の時点で全ZEHビルダー7,389件のうち

5つ星を獲得したのは、わずか251件!
約3%の狭き門でした。

「一般社団法人 環境共創イニシアチブ」にて登録事業者と評価が公表されています。

評価制度については一旦置いておいて…

「ZEH」とはなにか?をあらためてご説明したいと思います。

ZEH=Net Zero Energy House
直訳すると…正味エネルギー0の家 わかりやすく言い換えると…
「エネルギーを自給自足できる住まい」となります。

ZEHのポイントは次の3つになります。

断熱……高断熱・高気密の建物でエネルギーロスを最小にする。
省エネ…省エネ性の高い機器・照明などで消費する電力を減らす。
創エネ…太陽光発電でエネルギーを創る。

これが(断熱+省エネ)-創エネ≦0 

つまり、住宅の断熱性能、省エネ設備、H太陽光発電などを組み合わせ、エネルギー消費を上回るエネルギーを発電し、エネルギー収支をゼロまたはプラスにする住まいのことを指します。

 

出典:資源エネルギー庁ウェブサイト

 

国は2020年までに新築する注文一戸建て住宅の半数以上をZEHにし、2030年までに新築住宅の平均がZEHになることを目指しています。

お客さまにとってどんなメリットがあるのかというと
———————————————-
①家計にやさしい
エネルギーを自給自足できるから、光熱費が大幅ダウン!
余った電気を売電すれば、収入を得ることも!

②健康にいい
断熱性能が高いため、室内が快適!
ヒートショックの危険性が低くなります。

③環境に優しい
エネルギー消費量が少なく、太陽光エネルギーを活用するのでCo2の削減や、温暖化防止、などの地球環境に貢献できます。

④災害時も安心
災害による停電時でも、太陽光発電で普段の生活と同じように電気やお湯を使うことができます。

⑤資産価値がある
国が普及を目指している住まいになるため、将来の資産価値があります。

⑥補助金がもらえる
国が定めたZEH住宅の基準を満たすと、国から補助金がもらえます。
———————————————-

デメリットとしては、設備の初期導入コストがかかったり、太陽光パネルを搭載するのに、屋根の形状に制限が出たりはあります。

ZEH住宅が得か損かを考えるポイントは、

長期的に得られるメリット①~⑥が

自分に適しているかどうかになります。

そして、いざ、ZEHのお家を建てよう!補助金を受け取ろう!とした場合、ZEHビルダーとして登録されているハウスメーカーや工務店が建てた住宅が条件となります。

大事なことなので2回お伝えしますが…

結城建設はZEHビルダー評価制度において、
結城建設は最高レベルの5つ星(★★★★★)の
認定をいただきました!

 

さらに結城建設では、電気を貯める蓄電池システム、電気を視覚化するHEMS(へムズ)で、エネルギーの自給自足を目指しています。

創エネ設備があることで、万一の災害による停電のときにも、安心してお住いいただけますし、余った電気を売電することで住宅ローンの早期返済を実現します。

ZEH住宅のことで、疑問や不安、ご興味がある方はぜひお気軽にご相談くださいね。

ブログ一覧へ