Blogブログ

2020.10.07

お家でできる防災!3つを確認しよう

こんにちは、おにこです。
今日は今すぐできる防災についてご紹介します。

日本で暮らしている以上
地震
集中豪雨
台風

これらの災害を避けては通れません。
毎年多くの地域や人々が被災されています。
被災者の方がいずれも困ったのは、電気と水の確保とのこと。

 

いざという時に、混乱したり、困惑しないように日ごろから確認しておいてくださいね。

まずは電気の確保について

ご自宅に太陽光発電システムを設置されている方は、停電時でも「自立運転機能」で電気を使うことができます。

停電中の真っ暗のなか、操作の確認をするのは困難ですので、普段から「自立運転機能」の操作方法を確認しましょう。

「自立運転機能」につきましては各メーカーによって異なるので、結城建設で取り扱いがある各社のページをご紹介しておきます。

●カナディアンソーラー

●京セラ

●東芝

●ソーラーフロンティア

●ハンファQセルズジャパン

また、パワーコンディショナーの下には「非常用コンセント」がございます。

「自立運転機能」をしている際につまみを合わせていただきますと発電中であれば、1500wまでの電気が使えます。

災害時などには、これらの電気を充電できる、充電式ランタンやスマホの充電池をご用意しておくのがおすすめです。

続きまして水の確保について

エコキュートのあるご家庭ですと、370ℓのお水が非常用として使用していただけます。

370ℓ…家族4人を想定して2~3日分のお水となります。

タンク内の水の取り出し方(基本的な流れ)
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
①カバーを開けます
②漏電ブレーカーをOFFにします。
③給水専用弁を閉じます。
④逃し弁のレバーを上げます。
⑤非常用取水栓を開き容器に入れる。

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■


上の写真では、指している部分を回すと水が出てきます。
※お湯が出る場合もがございます。十分に注意をしてください。

こちらも普段から確認しておくと、いざというときに慌てずに対応できるかと思います。

まとめ お家でできる防災!確認する点は次の3つです。
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
1)太陽光発電の「自立運転機能」
2)パワーコンディショナーの「非常用電源」
3)エコキュートの「非常取水栓」

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

 

少しでもお役立ていただけますように…。

以上、おにこでした。

 

■こちらもご参考に

お家が浸水しない、台風対策について

ブログ一覧へ