Blogブログ

2021.07.22

建売住宅と注文住宅を比較してみました

こんにちは みほですo(〇´▽`〇)o
加里屋モデルハウスの上棟を7月21日に行いました。

完成は10月。とても楽しみです。完成したら是非遊びにいらしてくださいね(^▽^)ノ

さて、今日は「建売住宅」と「注文住宅(結城建設では提案住宅といいます)」の違い、それぞれのメリット、デメリットをご紹介します。

その前に建売住宅分譲住宅の違いは何かをご説明しますね。

建売住宅は建築された住宅が土地とセットで販売されています。分譲住宅は分譲住宅地にデザインが統一された、ある程度設計の決まった住宅が土地とセットで販売されています。どちらも住宅と土地を一緒に購入することができます。

建売住宅でも分譲住宅地で建てられて販売されている場合もあります。建売住宅分譲住宅はほぼ同じ意味として使われることが多いです。

建売住宅について

建売住宅分譲住宅の違いでも紹介しましたが
すでに建てられた住宅が土地とセットで販売されています。

メリット
・完成している住宅(建設中の時もあります)と土地を一緒に販売されるので価格が決まっているため資金プランが立てやすい。
・上下水道設備が整っているので別途費用がかからない。
・既に住宅が完成している(住宅のプランが決まっている)ので打合せの回数が少なく時間を取られない。
・契約から入居までが短期間に行えるので、引っ越しやお子様の転校手続きなどの生活設計が立てやすい。
・日当たり、家事動線、収納スペースを実際に完成した住宅で確認できるため、生活後のについて具体的にイメージすることができる。
・分譲住宅の場合、街の景観が統一されている。

 

デメリット
・外観や間取り、仕様、設備など自分の希望を取り入れられない。
・完成済みの住宅を購入するため、施工中の様子を確認できない。
・庭(駐車スペース)を広く取りたいと思ってもできない。
・分譲住宅の場合、似たような外観、間取りの家が並んでいるので個性がない。

 

建売住宅はこのような方にオススメ
土地を持っていない
すぐに入居したい・引っ越しの時期が決まっている
時間と手間をかけずに一戸建てを手に入れたい
コストを抑えたい
実際に見て決めたい
必要最低限の設備があれば満足

 

注文住宅(提案住宅)について

自分で土地を購入又は持っている土地に、デザインや間取りを最初から考えて建てることができます。
自分で土地を探す場合、建築条件付きというケースもあります。
建築条件付きの場合は指定された施工会社に施工を依頼することになりますので注意してください!

メリット
・外観や間取り、仕様、設備などの希望を取り入れられる。
・自分たちだけのオリジナルの家になる。
・好きなエリアに土地を購入して建てられる。
・建築中の施工状況を確認できる。
・土地の形状に合わせてお庭(駐車スペース)と住宅の位置を決められる。

 

デメリット
・全ての希望を取り入れていくと予算オーバーになってしまう。
・契約から入居までに時間がかかる。
・完成したらイメージと違う。
・上下水道の設備が整っていない場合があるため別途費用が必要になる可能性がある。
・土地を購入したが宅地に変更するまでに時間がかかる場合がある。

 

注文住宅(提案住宅)はこのような方にオススメ
土地を購入している、土地を持っている、建て替えをする
じっくりと考えて家づくりをしたい
外観や間取り、内装のデザイン、使用する素材にこだわりがある
取り入れたい設備がある
家づくりを依頼したい工務店やハウスメーカーがある

 
結城建設では、時間と手間をかけずにコストを抑えた家づくりをお考えの方、性能や仕様にこだわった家づくりをされたい方、外観や間取りにこだわり、オシャレで自分らしい家づくりをされたい方、それぞれに合わせたご提案をさせていただいております。

また、赤穂モデルハウスと姫路モデルハウスでは見学会を随時開催していますので、ご予約の上お気軽にご相談にいらしてください。

赤穂モデルハウスの見学予約はこちら 姫路モデルハウスの見学予約はこちら

10月には加里屋モデルハウスが完成する予定です。またお知らせをさせてもらいますね!

ブログ一覧へ