Blogブログ

2020.05.28

新しい生活スタイルに向けて間取りも変わってくる?

こんにちは!ねえさんこと今津です (っ´∀`)っ))♪

全国の非常事態宣言の解除が発表されることで、従来の働き方にもどりつつある方も多くなってきたのではないでしょうか。
しかし、第2波、第3波の恐れもあるなか、個々が気を付けていかなければなりませんね。皆で協力して頑張っていきましょう!

当社も非常事態宣言中は、テレワークで在宅勤務になり、良いこと・不便なことをそれぞれが体感しました。

一番の変化は「テレビ会議」です。
集まらなくても、時間の共有さえ出来れば参加できる。とても有効ですよね。

最近では特に書斎やワークスペースをご希望されるお客様が増えてきているとのこと。
確かに、家族に気兼ねせずに籠って、テレワークをしたり、オンライン飲み会ができる部屋がほしいですよね。

テレワークという就労体制が今後普及していくと、お家の間取りにも変化が出てくるのではないでしょうか。
そこで今日は、施工例をご紹介したいと思います。

例えば…書斎専用の部屋を1室確保するのが難しくても、LDKの一角をデスクスペースにすることが可能です。

こちらは、階段下のデッドスペースを有効活用したお家。

手前がキッチンで奥に書斎コーナーを設けたお家。

こちらですと、書斎とキッチンにいてお互いに作業をしていても様子をうかがうことができます。

また、LDK以外のこんな場所にも。

2階廊下に造作の本棚とカウンターを設置したお家。

こちらですと、テレワーク中にお子さまも一緒に勉強ができますし、兄弟が並んで勉強してもいいですよね。

寝室のクローゼット前のスペースを活用したお家。

寝室だと、落ち着いた空間で集中して仕事に取り組めるかも!?

また、話し声がどうしても気になる方には、防音ドアなどもあります。

※オプション仕様です。リクシルさんの資料をお借りしました。

これからのお家づくりにアンテナをはって情報収集をし、今後の新しい生活様式に対応していけるよう、お客様と一緒に考え、お家づくりをさせて頂きたいと思います。

そしてテレビ会議には、Zoomやベルフェイス、LINEのビデオ通話などたくさんのツールがありますが…

機械に音痴なわたしは、慣れるまでに時間がかかって朝礼や会議の度にアタフタしたんですが、それもこの期間でもう慣れました!
お打ち合わせはもちろん、相談会やセミナーなど、心配でいらっしゃる方には、テレビ会議で対応させていただいますので、ご相談くださいね。

機械が苦手な方でも、ご安心くださいませ!
以上、ねぇさんでしたー!+。:.゜ヽ(´∀`)ノ .:。+゜。

ブログ一覧へ