Blogブログ

2021.09.09

木のぬくもりと大人かわいいインテリア

こんにちは、おにこです。
今日は、結城建設のオーナー様のお家をご紹介いたします。

「子どもが巣立った後も、笑顔で迎えられる温かな木の家」

こちらのTさまのお家ですが、家族が自然と集まるような心地よい空間と、各々の時間を思い思いに過ごせる空間をうまく使い分けされています。
さらにご夫婦のこれからのことも考慮し、1階だけで暮らせるようリビングを仕切ると寝室になるように設計しており、お子さまが独立したあとも温かく迎えられる家になりました。家族がお互いに心地よい距離感でいられる素敵なお家になっています。

また、木の温かみを感じるナチュラルな家具と北欧ブランドのインテリアを組み合わせて大人かわいいコーディネートがとても魅力的です。是非ご覧ください!

 

家族が自然と集まる心地よい空間

1)LDKの下がり天井

下がり天井とは…天井が他よりも低くなっている部分のこと。

こちらはキッチンの部分だけ下がり天井にしております。天井の高さを低くすることで落ち着いたスペースになります。キッチンは奥さまが作業することが多いので、落ち着いた空間になるようにしました。

 

さらに、ダイニングやリビングから見ると、天井が高く感じるため開放感を感じられるようになっています。また、天井のクロスを木目調にしており、無垢のカップボードやダイニングテーブルとあわせて木のぬくもりを感じるLDKになっています。

 

ダイイングのテーブルを丸いものにしたのは、家族が向かい合って食事ができるようにとのこと。

 

2)和室とダイニングは仕切ることができる
お子さまが巣立ったあとのことも考え、将来は、和室とダイニングを仕切り、和室を寝室にすることができます。そうすることにより、1階だけで生活ができるようになっています。

 

3)車が4台停めれる駐車スペース
車が4台停めれる駐車スペースを確保しているため、友人を招待したり、将来巣立ったお子さまが帰って来たりしても車を置いておくことができます。

外観の濃いグリーンと木目調の外壁との相性がよいです。軒天(屋根の裏側)も木目調にしてあわせています。

 

各々の時間を思い思いに過ごせる空間

1)トイレや浴室は広々とした設計に
トイレや浴室など、パーソナルな空間は、家族がリラックスできるよう広々とした設計にしています。

造作のカウンターを設置。トイレットペーパーのストックも置いておけます。

 

 

洗面室のドアにも工夫をしており、更衣室として利用する時に扉をしめると、収納棚が出てくるしくみに。

 

2)ダイニングと2階廊下にはワークスペースを併設
ちょっとした作業をする際に使えるワークスペースを1階ダイニングと2階廊下にそれぞれ設けています。

Tさま支給品のタイルを貼った1階のワークスペース。

 

2階のワークスペースの壁は自然素材の塗り壁を使用しています。

 

大人かわいいインテリアや家電たち

1)バルミューダで黒の統一感

バルミューダとは…2003年に設立された家電機器メーカー。シンプルなデザインと斬新なアイデアでとても人気があります。

創業者の寺尾玄氏はミュージシャンをしていて、独学でプロダクトデザインの道に進んだという異色の経歴を持っています。
その背景もあってか、例えばレンジの「音」にこだわっていたりもしています。
(プロのミュージシャンによるアコースティックギターやドラムの生演奏をサンプリングしているそうですよ)

デザインはすごくシンプルなのでどのインテリアにも合わせやすいです。
Tさま邸は、無垢や木目調の建具や家具が多いなか、こちらのバルミューダの家電の黒がぐっと引き締めています。

 

2)ちらりとのぞくマリメッコ

マリメッコとは…独創的なプリントや色使いから世界中で愛されるフィンランドのブランドです。

大柄や独創的な色合わせ、華やかな柄のファブリックが印象に残るブランドですが、Tさまが選んだものは「プケッティ」という花束をイメージした柄になります。
落ち着いた大人のベージュになるため、アースカラーやナチュラルカラーに合わせやすいかと思います。

 

クローゼットからちらりとのぞくのがいいですよね。

3)そのほかの北欧ブランドたち
ダーリン・クレメンタインのポスターやアラビアの食器など、北欧ブランドをうまく取り入れてお部屋をコーディネートされています。

 

 

 

いかがでしたでしょうか?
「子どもが巣立った後も、笑顔で迎えられる温かな木の家」はルームツアー動画でもご紹介していますので、是非ご覧ください。

 

ブログ一覧へ