Blogブログ

2021.04.03

地震などの災害時でも電気が使える家に!

こんにちは はとちゃんです

今日は結城建設でお取り扱いのある商品をご紹介いたします。

 

地震や台風の災害時に一番不安になるのは、電気を使えないことではないでしょうか。実は、太陽光発電は日中は使用できますが、夜間の停電中には使用ができません。

対策としてよく聞くのが、蓄電池を設置したり、V2Hという機械を置いて電気自動車の電気を使う方法があります。しかし、どちらも設置費用が高いのがネックです

そこで、SMART L-LINE LIGHT(スマートエルラインライト)の登場です。

 

 

「スマートエルラインライト」は HV車・PHV車・EV車のACコンセント(100V/1500W)からの給電が可能なんです!停電時に車さえあれば、電気を送電できるというものです。
HV=ハイブリッド自動車、PHV=プラグインハイブリッド車、EV=電気自動車

 

SMART L-LINE LIGHT(スマートエルラインライト)のおすすめポイントは3つ!

1つ目
停電時に車から室内に電気を送電できる(100V/1500W対応の発電機からの給電も可能です)
※対応車種、電源容量は別途各ディーラーにお問い合わせください。
2つ目
太陽光発電を停電時も利用できる
※太陽光発電で生まれた電気は、停電時、室内への送電は自動ではできません。

3つ目
手ごろな価格帯で災害対策ができる

使い方としては、停電後、車内のACコンセントへ屋外電源用接続ケーブルを挿し、住宅の壁面に設置した屋外電源入力BOXにケーブルを繋ぎ、エンジンをONにすると、家の中の指定した5回路に電気が供給されます。
(最大100V/1500Wの電気を使うことができます。)

指定した5回路になりますので、例えば…

●冷蔵庫 ←災害時でも食品が腐らず食事が可能
●キッチン ←キッチン照明、非常用コンセント(携帯電話の充電)
●リビングダイニング ←照明、情報源であるテレビ用コンセント
●1階トイレ ←照明
●2階 ←照明、階段と廊下の照明、2階トイレ照明

などを優先されるのが良いかと思います。

現在こちらの商品も含めて、キャンペーンを行なっています!もし、家づくりをお考えの方はぜひこの機会をお見逃しなく!

余談ですが…
一般社団法人 日本損害保険協会と、国立研究開発法人 防災科学技術研究所から、災害関連データを活用したデジタルコンテンツ「地震10秒診断」が公開されているのをご存じですか?

地震10秒診断|もしもあなたの街で地震がおこると…?

よかったらお住まいの地域で試してみてください。

 

結城建設では皆さまに笑顔で豊かな暮らしをして頂けるよう、災害時や非常時に備えたご提案も含め、日々勉強しています!些細な事でもお気軽にお問い合わせ下さいね♪

 

ブログ一覧へ