Blogブログ

2021.10.31

家相とは、どう考えればいいの?

こんにちは、だいちゃんです

皆さん「家相」って聞いたことありますか?
北東にトイレがあると運気が下がる とか 鬼門 裏鬼門 というワードなんかを聞いたことがあるかと思います。

方角と家の間取りを組み合わせて運気をはかる考え方を「家相」と言います。占いや言い伝えと思われることも多いのですが、実は環境学のひとつだそうです。

「家相」は平安時代に中国から伝わり、その後日本の生活様式に合わせて独自の発展をしました。風水と一緒にされることもありますが、厳密にいうと異なるそうです。

僕は、あまり難しくは考えず「家づくりのコツが集められた生活の知恵」ぐらいに思っています。
「家相」にとらわれすぎて、家づくりが楽しくなくなってももったいないので、間取りなどを迷ったときに参考にしてもらえたらいいかと思います。

今日はそんな「家相」についてまとめてみました。

 

家相の重要キーワード

家相の「鬼門」や「裏鬼門」とは?

家相をみる際に必要なのは方位盤!方位と間取りの相性までまとめてある家相方位盤があるとなお良いです。

家相の重要なポイントは「三所」「三備」といわれています。
三所とは、「鬼門」「裏鬼門」「宅心」の3つ、三備とは、「玄関」「キッチン」「トイレ」の3つのことを指します。

 

「鬼門」とは家の中心からみて北東の方角にあたります。反対に「裏鬼門」とは南西の方角にあたります。一般的に良くない方位とされていて、ここに三備の玄関・キッチン・トイレがあると家の運気が下がると言われています。

これは、北東はあまり日当たりが良くないため湿気が溜まりやすく、カビなどが生えやすいですし、逆に南西は日当たりが良過ぎて温度が上がり、ものが腐りやすいといった環境学の考えからきてるようです。(※諸説あります)

「宅心」は家の中心部にあたります。

 

家相の「正中線」や「四隅線」とは?

家の中心から南北に引いた線が「正中線」家の中心から東西に引いた線が「四隅線」です。この2つの線上は、とても強い気が溜められると言われています。

家相を見るにあたって、鬼門・裏鬼門の次にポイントになると言われています。この2つの線上には、不浄のものや火気を置かないほうがよいとされています。(※諸説あります)

 

「張り」と「欠け」とは?

家の外壁ラインから少し出っ張った部分を「張り」と言い、へこんだ部分を「欠け」と言います。家相では、基本的に「張りは吉」「欠けは凶」と言われています。(※諸説あります)

 

家相的に避けた方がよいとされる間取り

三所に三備を設けないほうがよい

上記でも書きましたが、鬼門、裏鬼門、宅心の三所に、玄関、キッチン、トイレの三備は設けないほうがいいと言われています。

玄関の位置に気を付けて

玄関は人が出入りするのと同様に、運気も出入りすると言われています。鬼門と裏鬼門、四隅線上に玄関を配置するのは避けた方がいいと言われています。

トイレ・排水口などは正中線・四隅線を避けたほうがいい

正中線上、四隅線上にトイレや排水口、お風呂などの水回り、またキッチンのコンロなどの火気を配置しないほうがいいみたいです。

家の中心に階段を作らないほうがいい

家の中央に上下に抜ける穴(欠け)をつくることとなるため、運気の流れが乱れると言われています。

できるだけ「欠け」のないようにしたほうがいい

「欠け」は家相では凶とされているため、できるだけ避けた方がいいそうです。(具体的には一辺の長さの2/3以内がへこんできると「欠け」になるといわれています)

 

簡単にご紹介しましたが、家相については諸説をはじめ、考え方などがたくさんあります。なによりも大切なのは、本当に自分や家族が住みやすい家なのかということかと思います。
どこまで信じるか、どこまで気にするかは自分次第!間取りに迷った際に参考程度に取り入れるぐらいでいいかと思います。

以上、ダイちゃんでした。

 

ブログ一覧へ